冷たくなったスープカレーは雨に濡れた >

冷たくなったスープカレーは雨に濡れた

「コーラ」のことが好きという人もいれば、嫌いな人もいると思う。なんの感情もない人だって。君にとって、「経営者」はどう?
写真

無我夢中で歌う妹と俺

太宰治の、斜陽は、一気に読みやすいと思う。
戦前は育ちのいい御嬢さんだったかず子が、強くて負けない女性に豹変していく。
そこそこ立派だと考えた僕。
この女性のように、誰にも恐れない気の強さと、強い意志が終戦後は必要であったのだろう。
だけど、上原の妻からすると迷惑極まりないとも思う。

自信を持って口笛を吹くあの子とアスファルトの匂い
現在のようにインターネットが無くてはならない物になるとは、幼かった自分にはよくわからなかった。
品物を扱う店は今から競争化が進むのではないかと考える。
インターネットを活用し、一番安い物をを発見することが可能だから。
レースが激しくなったところで、このごろよく目立つようになったのが集客アップを目的にしたセミナーや商材販売だ。
もはや、手段が売れるようにな時代で、何が何だかわからない。
方法が目的になってしてしまいそうだ。

陽気にダンスする友人と公園の噴水

ずっと昔の学生時代、見た合作映画が、before sunriseというもので、日本名は「恋人までの距離」だ。
父に、「感動の作品だよ」と話を聞いた物語だ。
電車で偶然出会ったアメリカ出身のジェシーと、フランス出身のセリーヌで、ほんの少しウィーンを旅するストーリーだ。
この話の構成の珍しい部分は、特にこれといった事態、もしくは盛り上がりなんかが、ほとんど無いという点。
出会ってすぐという男女は、恋愛観とか生と死などに関して永遠と討論する。
見た時は14歳だった私は、まだまだ子どもで、退屈しながら見過ごしたシネマだった。
だけど、昨日、偶然TSUTAYAにて発見することができ、これはまさかと思い借りて再び見たところめちゃくちゃ心に響いた。
お気に入りは、レコード店でkath bloomを聞きながら視線を投げあうシーン。
ジェシーとセリーヌの帰国がやってきて、要は、別れ際、エンドを迎える。
当時は理解できなかったこのシネマ、間隔をあけて見ると、また違った見方になるのだろう。
とりあえず、2人がレコードショップで聞いていたアルバムを、アイチューンより探し出して聞きたい。

余裕で踊る母さんと冷たい雨
人の大半は水分という研究もありますので、水の摂取は一人の人間の重要点です。
水分摂取をしっかり行い、一人一人が活発で楽しい季節を満喫したいものです。
ぎらつく日差しの中から蝉の声が耳に届くこの時期、普段そんなに外出しないという方も外に出たいと思うかもしれません。
すると、女の人だと日焼け対策についてマメな方が多いかもしれません。
暑い時期のお肌のケアは夏が過ぎた時に出るという位なので、やはり気になってしまう所かもしれません。
そして、すべての方が気を使っているのが水分補給に関してです。
ましてや、普段から水の飲みすぎは、良いとは言えないもののこの時期は少し例外の可能性もあります。
なぜかというと、多く汗をかいて、気付かない間に体から水分が抜けていくからです。
外に出るときの本人の調子も関係するでしょう。
思いがけず、自身が気づかないうちに軽い脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるでしょう
夏のときの水分補給は、次の瞬間の具合に表れるといっても過言ではないかもしれません。
短時間だけ出かける時も、小さなもので大丈夫なので、水筒があればとても便利です。
人の大半は水分という研究もありますので、水の摂取は一人の人間の重要点です。
水分摂取をしっかり行い、一人一人が活発で楽しい季節を満喫したいものです。

喜んで踊る姉妹と観光地

蝉鳴き声もやんだ夏の晩。
少年は家の縁側に座り、スイカをほおばっていた。
かじってはスイカの種を庭に吐いていると、ときには種が飛ばずに、自分のお腹や胸に落ちたりしていた。
傍に置いている蚊取り線香の香りと、扇風機を浴びる蒸し返す夜、それと口いっぱいの西瓜。
少年はそんな事を堪能しつつ、残りの夏休みはどんなことして遊ぼうか、と思っていた。

気どりながら踊るあの子と電子レンジ
ある大きな内容の業務がやってきたとき「大丈夫だろう」などと思っていた新米の頃。
当時の自分を含む新人みんなが「過ぎてしまったら大したことないよ」などのんびりとらえていた。
見かねた指導専門の先輩が発した内容が今でも記憶に残っている。
「目標に向かって、十分に準備を進めたからこそ、過ぎてしまえば成功するだけの話。
それ故に、今のあなたたちのように軽くとらえていて、偶然にも事が大したことなかったという意味ではありません。
過ぎてしまえば単純だったと言う言葉の裏にあるのは、その逆です。
事前に真面目に取り組み準備をしたからこそ、能力が業務内容を越えて、業務がスムーズに進んだという事を言っているだけです。
しっかり取り組む気になれましたか?
甘く見ないで早く取り組んでください。」
との事。
その後、私たちはそれに向けて全力をそそぎしっかり仕事をすることができた。

熱中して体操する兄さんと俺

嫌われ松子の一生という題名のテレビ番組が放送されていましたが、欠かさなかった方も多いと思います。
実際に、テレビは見なかったのですが、女優の中谷美紀さんの主演で映画がクランクインされたときに、見に行きました。
考えます。
松子は容量が悪いからでもありますが複雑な立場にて生きながらも、悲観的にはなりません。
周りから見ると、幸せでないかもしれないけれど希望を捨てません。
幸せになることについて、貪欲なんです。
すごく、尊敬を感じました。
自分だって幸せになりたいのに、チャンスがやってくるといけない事のように感じる。
などという、訳の分からない状態だった悩み多き私は松子を見ていると、幸せな気分になりました。
とても、面白い映画なので、ぜひ見ていただきたいです。
主演の、中谷美紀は、先生役でも、風俗嬢でも、理容師でも、何をしても綺麗でした。

ノリノリで歌う君と枯れた森
知佳子はAさんの事が大好きなようだ。
Aさんも知佳子の事を可愛がっている。
Aさんが出張に行くときは、知佳子もついて行くし、この前は私も一泊だけ同行させてもらった。
Aさんも知佳子も私を同じニックネームで呼びかけるし、何かをするときは、一番に、私に求めてくれる。
なんとなく気にかけてくれているような感じがしてとても空気が良いと思った。

涼しい水曜の日没に冷酒を

少年はめちゃめちゃ空腹だった。
来週から夏休みという頃、学校から元気よく下校しているときだった。
セミが騒々しく鳴いていて、陽の光は強く、夕方にもかかわらず、いまだ太陽は高かった。
少年は汗を流しながら一人で歩いていた。
友達と一緒に下校するのがほとんどだけど、今日はめちゃめちゃ空腹だったので、急いで帰宅してとにかく何か食べたかった。
少年が食べるつもりなのは、昨夜のカレーの残り。
昨晩のカレーは、たしか鍋に少し残っていた気がする。
ご飯もおそらく、残ったのが冷蔵庫にあるはず。
少年はカレーの匂いを想像しつつ、早足で家を目指した。
すると体中に、汗がもっと流れ出した。

風の無い仏滅の早朝にお酒を
サプライズで友達に貰った香水があり、花を思わせる匂いだ。
私に似合うボトルを意識してチョイスしてくれた香水で、ボトルが小さくて、リボンがついているのがお洒落。
香りの雰囲気も香水瓶もどんなに大げさに言っても華やかとは言い難い香りだ。
ストアには多くの香水が置かれていたが、ひっそりと置いてあった商品。
サイズはちっちゃい。
小型でお気に入りだ。
外に出る時だけでなく、働く時も手提げの中に、家での仕事のときも机に置いている。
だから、手提げの中は、どれもこの香り。
いつでも身に着けているので、つけていないときは、今日あの香りしないと言われる場合もたまに。
店でたくさんの香水を試すのは好きだが、この香りが今までの中で最高に気に入っている香りだ。

カテゴリ

Copyright (c) 2015 冷たくなったスープカレーは雨に濡れた All rights reserved.
▲ページの先頭へ