冷たくなったスープカレーは雨に濡れた >

冷たくなったスープカレーは雨に濡れた

「パスタ」は嫌い?好き?それぞれ意見があるかもわかんないけど、あながち悪いものじゃないんじゃないかな、「第一歩」は。そうだよね?
写真

騒がしく叫ぶあの子と霧

営業に出かけると、四日くらい帰ってこれない日々がある。
その間、やる気はありだけれど、常に気を張っているので、毎日3時間睡眠。
起床予定時間の相当前にもかかわらず、目が覚める。
寝不足だけれど、家に帰ってきたときの達成感は大好き。
思いっきり豪遊するし、深く寝るし、しっかり食べる。

ひんやりした火曜の日没は食事を
漁港の近くに私たち家族は、暮らしているので、津波を両親が不安に思っている。
ことのほか震災後は、家がどのくらい海から離れているのかとか逃げる場所は家の近辺に存在するのかとか口々に言う。
俺と妻だって安心できないのだけれど、容易に条件のあう物件も見つかるわけではない。
けれども、実際に高潮がくるとなった時に逃げる道を思い定めておかないとと思うですが、堤防近くしか道がないので、ちゃんと想定してみたら危険だとわかった。

無我夢中で跳ねる彼女と濡れたTシャツ

今日の夜は家族と外食なので、少年はものすごく楽しみにしていた。
何を注文しよう、と出発前からいろいろと思いを巡らしていた。
パスタやハンバーグ、から揚げ定食とかうどんとか、なんてメニュー表にはどんな物があるのかと想像していた。
行くのは先日できたばっかりのファミリーレストランだ。
お父さんの運転する車は、もうお店に着く頃だ。
お母さんは助手席でのんびり景色を見ている。
お姉ちゃんは少年の横で、手鏡でニキビをチェックしている。
少年は車のドアを閉めると、期待に胸を膨らませて、入り口を真っ先に開けた。

寒い金曜の明け方に焼酎を
甘いお菓子がめっちゃ好きで、洋菓子や和菓子をつくるけれど、娘が育って作る甘い物が限られた。
私と妻がめっちゃ楽しみながら食べていたら、娘が自分も口にしたがるのは当たり前だから娘も食べられるものを自分でつくる。
私は、チョコ系が非常に好きなのだけれども、娘にはチョコ系のスイーツなどはまだ食べさせたくないのでつくりたくてもつくれない。
ニンジンやバナナをいれたケーキが健康にも良いと考えているので、砂糖を少なくして入れて焼く。
笑顔でおいしいと言ってくれたら、とってもつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
ここ最近、ホームベーカリーも使用して焼いたりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

前のめりで叫ぶ子供と花粉症

出社のためにいくつかスーツに合うYシャツを持っているけれど、絶対決める時に多く試着してしまう。
そこそこ、ワイシャツに厳しいのも珍しいと思い込んでいた。
すると、昨日、Yシャツは特注でと、こだわっていた方がいたので、非常に驚いた。
もちろん、Yシャツひとつできまって見えるし、悪くないかも、と感じた。

じめじめした仏滅の夜に冷酒を
ある日、石垣島まで出張に向かった。
もちろん非常に暑い!
薄いカットソーの上に、スーツのジャケット。
汗だくになりすぎて、上着のジャケットはぼろぼろに。
泊まり先にに着いて、洗濯機もなかったのでBODY SHOPの洗顔で洗った。
乾いたらそのジャケットは桃の香りがした。
ジャケットが痛まないかと心配したけれど、何が何でも洗わなきゃいけない心に決めていた。

天気の良い木曜の早朝はカクテルを

江國香織さんの小説に登場する女の人は、陰と陽を持っていると思う。
不倫をそこまで責めない。
遊びと、運命的に好きなのは旦那様だけのたった一人。
このような女性が多いような気がしませんか。
不貞行為を陰だとすれば、旦那さまは陽。
たまにスイッチが入ったように陰が現れる。
不倫に対する善悪の定義は置いておいて、登場する主人公を研究する。
自分の中に新たな愛や見かたが現れることもある。

息もつかさず踊る友達と枯れた森
少し前まで、会社に入ってたくさんの人に囲まれて属していた。
だけど、何年かすると、仲間と共に何かをするというのが無理だと知った。
働く時間が長く、何名かで行うので、どうしても噂話が多数。
噂話を元に、仲よくすれば世渡り上手になれるのかもしれない。
何を聞いても、本人の自由では?としか思えない運命なのだ。
厄介なことに、仕事のペースが遅い人に合わせて進めるという辛抱ができない、早い人についていけない。
そもそも努力不足!と思うかもしれないが、父には運命なのだと言われた。

気分良く話すあの子と草原

なぜか情緒不安定な感じになり、少しも苦しくなった。
特に理由はなく、いきなり悲観的になったり、今までの事が意味のない事に思えたりした。
そんな中、急に仕事ができた。
内容はそこそこ大きな会場でのイベントで大手案件だった。
このままでは良いとは言えないので我を忘れて必死になっているうちに元のポジティブな気持ちに戻ってきた。
後で思うと安定感がない時、外出して太陽の光を浴びたりしなかった。
昼間に外出したりも良い事かもしれないと感じた。

目を閉じて話す妹と擦り切れたミサンガ
ゴールデンでよくみる司会者がびっくりするほど突然引退することで、TVでうるさいぐらいやっているが、とてもすごいですね。
また次の首相が誰に決まるかという内容より報道でも順序が先ですからね。
どういった人が国の総理になろうが変わらないって思う方も非常に存在するし、それよりは某芸能人が芸能界を引退発表というほうが影響がでそうなんですかね。

カテゴリ

Copyright (c) 2015 冷たくなったスープカレーは雨に濡れた All rights reserved.
▲ページの先頭へ