冷たくなったスープカレーは雨に濡れた >

冷たくなったスープカレーは雨に濡れた

「部下」のことを特別に感じている人って、たくさんいるのかな。過去の体験や先入観みたいなのが、「手品師」が現してることとゴッチャになることって、無きにしも非ずと思うんだ。
写真

勢いで叫ぶ父さんとあられ雲

仕事の関係で、日光へ向かうことがたくさんあった。
東京から4時間ほどの場所に位置する日光市は栃木県にあって、海なし県で、多くの山に囲まれている。
そのことから、冬の時期には雪が積もり、除雪車やチェーンが必要だ。
秋になると、と東北道を使い、2泊3日の予定で行って、行って帰って、また2泊3日というスタイルが非常に多く、テレビなどのメディアで日光市が登場すると懐かしく思ってしまう程。
日光を見ずして結構というなかれという面白い言葉がある位なので、一度は見てきてほしい県だ。
ちょっとだけ紹介させてもらうと、観光客のメインはやはり日光東照宮。
江戸をまとめた徳川家康の墓があるところで、独特な様子に驚かされる。
さらに、奥日光と言われるところにある日光湯元。
硫黄泉で、乳白色で高温の温泉。
この温泉につかると、冷えも治るだろうと思う。
日光東照宮が建てられたときには、奥日光湯元温泉を目標にたくさんの湯治客が集まったようだ。
その様子は想像できる歴史の深い所がここ日光市。
温泉の紹介も兼ねて、ツアーブックに記載されている日光へ、再び行ってみたいと思っている。

気分良く熱弁する姉ちゃんと壊れた自動販売機
小説家の江國香織の物語に登場する主役は、誰もクレイジーだ。
例えば、落下する夕方の華子。
あと、がらくたの柊子。
それと、ウエハースの椅子の女性画家など。
江國さんの隠された部分を、文章にして表現した形なのだろうか。
徹底してクレイジーなのが、神様のボートの葉子だ。
奇跡的に迎えに来るかもしれない「あのひと」を待ち、逗子や草加に引っ越す。
恋人を忘れることなく、絶対会えると確信して。
しまいに「ママは現実を生きていない」と、娘の草子に告げられるが、この女性には全然ピンとこない。
この部分が、この文庫本の接待的にクレイジーな見せ場だ。
実際にウエハースの椅子には簡単に座れないけれど神様のボートには乗りたい。
江國香織さんの書く、クレイジーだけど綺麗でせつない女性たちが大大大好きだ。

雲が多い日曜の深夜はひっそりと

一年の中で、梅雨の時期が好きだ。
空気はじめじめしているし、外に出れば雨に濡れるけど。
その訳は、小さいときに、雨の日に見た紫陽花が可憐で、それ以来この花を楽しみに待っている。
九州長崎で付き合っていた、シーボルトとお瀧のあじさい逢瀬を耳にしたことがあるだろうか。
オランダ人の中に紛れ込んで来日してきた、医師のシーボルトが、アジサイを見ながら「お瀧さんにそっくりな花だ」と言ったそうだ。
雨の日に美しく咲く紫陽花を目にして何度も、お瀧さん、お瀧さんとつぶやいた。
そのうち訛って、紫陽花はおた草と別名を持つようになったという。

控え目に熱弁する兄弟と濡れたTシャツ
花火の時期だけれども、しかし、今住んでいる位置が、観光地で毎週末、打ち上げ花火が上がっているので、もう嫌になってしまって、新鮮さもなくなった。
週末の夜、打ち上げ花火をあげているので、抗議もどっさりあるらしい。
自分の、家でも打ち上げ花火の音がうるさくて子がびくびくして泣いている。
シーズンに一、二回ならいいが、夏に、毎週、ガンガン音がなっていては、むかつく。
早く花火が上がらなくなればいいのにと思う。

自信を持って歌う父さんとアスファルトの匂い

観覧するのにけっこうふんだんに歩く動物園は、夏はとっても暑すぎて汗がでる。
知人夫婦とお子さんと私と妻と子供と共に行ったが、めちゃめちゃ暑くてきつかった。
めっちゃ日差しも暑いので、チーターもトライオンも他の動物もたいてい動いていないし、奥の影に姿を隠していたりで、ひどく見えなかった。
今度は、ひんやりとした水族館などが蒸し暑い夏はいいかもしれない。
子供が大きくなったら季節限定の夜の水族館や動物園も良さそうだ。

自信を持ってダンスするあの子と濡れたTシャツ
オフィスで就いていた時の先輩は、社長令嬢で、どう考えてもお金持ちだった。
小柄で愛嬌があってとにかく元気な、動物愛護の先輩。
愛護サークルなど設立して、そこそこ活躍を行っている様子。
革の使用反対、ビーガン、動物実験取りやめ賛成。
少し前に、マンションにお邪魔したことがある。
高級住宅地にある上等なマンションで、国会議事堂が見える。
その先輩、人懐っこくて清潔な白い猫と同棲していた。

汗をたらして自転車をこぐ先生と僕

晩酌などのお酒のお供に、ヘルシーで健康に良い食材を!と思っている。
ここ最近のお気に入りだったのは、トマト。
それ以前は鮪。
そして、最近は、明太子だけれど、お金がかさむのでそれも辞めた。
先日新メニューを発見した。
だいたい80円くらいのエリンギ。
小さく切って、オリーブオイルで炒めて、みりんと醤油を適量使用し味を調えたもの。
大分料金はリーズナブルだし、KCALも低い気がしませんか。

余裕で熱弁する兄弟と履きつぶした靴
2日前、番組で、マクドナルドのチキンナゲットの味をまねしたレシピというふうに流していた。
大変うまそうだと思って、嫁に調理してもらったが、マックのチキンナゲットの味では残念ながらないけれどおいしかったですね。
衣がわずかに固かったけれど、中身は、チキンといえばチキンだから、私程度ぐらいではある程度の異なるところはわからなくてとってもおいしかったです。

余裕で体操する友達と草原

知佳子が、自宅のベランダにて、ミニトマトを育てている。
実がなったらサラダを作りたいそうだ。
育てているとは言うものの、まめに水も肥料もあげないし、すぐそばでタバコをふかすので、彼女のトマトの生活環境は全然良くない。
1日、何もあげてないと言う時の、その見た目は、緑色の葉が垂れ下がっていて、どことなくがっかりしているシルエットに似ている。
申し訳ない気分になったので、水分をたっぷりあたえると、翌日の早朝のトマトは陽気に復活していた。

凍えそうな土曜の昼はお菓子作り
2ヶ月前までさっぱり存在を知らなかったが、小さい子のプールの為のオムツなるものが存在している。
都市部では、そのオムツをはいて入れることろと入ってはいけないところがあるらしい。
あきらかに、他人からしたら、もれないオムツでもうんちなど入っているオムツで入られたら、気持ち悪いだろう。
そうは言っても、親だったら、入れてあげたいと考えてしまう。
けれども、逆の立場だったらとっても不快だ。

カテゴリ

Copyright (c) 2015 冷たくなったスープカレーは雨に濡れた All rights reserved.
▲ページの先頭へ